市場経済研究所
書籍紹介|先物は悪くない──場違い筋のつぶやき/福島恒雄 著
先物は悪くない
【イラスト/濱地亮平】

「先物は悪くない──場違い筋のつぶやき」


『はじめに』から抜粋

本書は、平成20年から週刊先物ジャーナル紙の小欄「先物寸言」に月1回のペースで寄稿した拙稿をまとめたものである。
性分の所為か、振り返ると、私は、常に組織の中心から外れた、権力から離れた立場に身を置いてきた気がする。商品先物取引業界についても、本流に乗ることなく、傍観者のような、外れ者のような立場で見続けてきたことになるが、だからこそ見える本筋というものがあるのではないか。本書に、少しでもそんな本筋のようなものを見出していただければとの期待を込めて…


福島恒雄 (Tsuneo Fukushima  1954〜 埼玉県寄居町出身 )

発行所 市場経済研究所
発行年月 2016年9月30日
出版形式 単行本: 342ページ
定価 本体1,800円(+税)

目次より

  はじめに 先物は悪くない
  第1章 先物取引、そして先物市場
  第2章 上場商品
  第3章 商品先物取引業者
  第4章 商品ファンド
  第5章 総合取引所
  番外編
  あとがき
  【イラスト/濱地亮平】
topへ 書籍一覧へ 書籍の申込

Market Economy Research Institute Ltd. 2000-2016 All rights reserved.