市場経済研究所
書籍紹介|相場ヒーロー伝説/鍋島 高明著

相場ヒーロー伝説 ケインズから怪人伊東ハンニまで

著者からのメッセージ

本書に登場する投機師は皆「射利」を狙い、「奇利」に酔い、「巨利」を博すが、「暴利」を貪ることはなかった。
ここで「暴利」とは、冒したリスクを凌駕する利益を追求することを指す。社会還元も忘れなかった。


発行 五台山書房
発売 河出書房新社
発行年月 2005年3月
出版形式 四六判 340頁
定価 本体2,000円(税別)

目次

1 フッガー家三代 銀と銅の先物買いで巨富
2 神屋寿禎・宗湛 秀吉の寵愛を受けた「筑紫の坊主」
3 ヤコブ・リトル?「ウォール街の巨熊」と呼ばれた男
4 ヴァンダービルト 七十歳でウォール街に乗り込む
5 山城屋和助 生糸相場で豪快な取引
6 渋沢喜作 大敗も喫した投機道の達人
7 安田善次郎 売り手とならず買い手に徹す
8 九代目渡辺治右衛門 東京屈指の土地長者
9 浅野総一郎 憧れの「銭五」を超えた事業王
10 中野武営 四半世紀に亘り東株を指揮〔ほか〕
11 竹原有三郎 相場道に徹し、巨富築く
12 今村清之助 ドル相場で奇略縦横
13 小野金六 甲州財閥三人男として勇名馳せる
14 寺田甚与茂 徒歩主義に徹した「貨殖の奇才」
15 高橋直治 一代で没落した「小豆将軍」
坂谷宮吉 北の海運王は戦争のたび巨利
16 岩下清周 リスクを引き受ける「男の中の男」
17 清水石松 蛎殻町切っての名物男は侠骨の士
18 小池国三 堅実なサヤ取りで大成果
19 杉野喜精 七番番頭から一気に山一社長
20 バーナード・バルーク ボクサー志願から相場の達人へ
21 山本唯三郎 大正バブル飾る「虎大尽」
22 吉村友之進 横浜取引所切っての大相場師
23 穴水要七 投機心の塊、紙業界揺るがす
24 鈴木 隆 小学校教師から大富豪へ
25 J・M・ケインズ 右手に『一般理論』、左手に八十万ポンド
26 林 荘治 金解禁めぐる混乱で巨利
27 近藤荒樹 金融王にして“相場の神様”
28 伊藤ハンニ 昭和の天一坊か、天才か
29 アンドレ・コストラニイ ブダペスト生まれの大投機師
topへ 書籍一覧へ 書籍の申込

Market Economy Research Institute Ltd. 2000-2009 All rights reserved.