株式会社市場経済研究所

市場研コラム

 【バックナンバーの一覧にもどる】



 文学にみる「マネー&相場」−10− <鍋島>  (2005.11.28)


森田誠吾著『江戸の明け暮れ』
曲亭馬琴が気をもむ二分の金



 江戸の戯作者、曲亭馬琴(1767〜1848)のある日の日記からストーリーは始まる。直木賞作家の森田誠吾さんが着目したのは文正11年(1828)11月6日の次の記述である。
 「お路こと 金子(きんす)入用のむね 宗伯へ申すにつき 同人より金二分(にぶ) これを遣わす 右につき 予 子細 相糺(ただ)し候えども 分明(ぶんめよう)ならず」

 「この度の義は格別 以来 右ようの事これあり候わば 紀国橋 里へかけ合いに及ぶべきむね きびしくいましめおく」
「江戸の明け暮れ」  日記に出てくるお路とは、馬琴の息子で医師の宗伯の妻。前年の3月に嫁入りしてきたばかり。そのお路が夫にねだって二分という金を手に入れたのが馬琴には見逃せず、問いただすが、はっきりとは答えない。今後、再びこのようなことがあれば、紀国橋の実家にねじ込むからそのつもりでおれと、厳命する舅(しゅうと)にゼニの行き先を問い詰められても頑として口を割らない新妻お路も相当な強心臓の持ち主だった。

 二分といえば一両の半分だから、大金とはいえないまでも端金ではない。当時の米価からすると、一両で五斗のコメが買える。二分なら二斗五升である。「思(おぼ)し召(め)しより米の飯」といわれた時代、その時代の人には一日に五合の飯を食べていた。二分という金は五十日の人のいのち。

 当時馬琴はすでに『椿説 弓張月』『南総 里見八犬伝』の作者として江戸随一の文名をほしいままにしていたが、お金には厳しく細かかった。
 「貧しくはないが、豊かともいいかねる滝沢家の家長として、稿料その他の収入はもとより、味噌、醤油の購入にいたるまで、家計のすべてに目を光らせているのだから、小出しのために渡してある息子の財布から、嫁の手に渡った二分という金の落ちつき先をたずねるのは当然であったろう」
 こうして森田さんの謎解きは始まる。それは馬琴日記を徹底的に読み解くことであった。馬琴の日記は異様なまでに克明である。たとえば、文政12年7月26日、普通の人ならば「陰蒸」(いんじょう・曇って蒸し暑い)の二文字で記すところを、馬琴は「晴 昼前より ばらばら雨 ほどなく止む その後 薄曇り 昼後 また雨 ほどなく止む その後 薄晴れ 夜九時(ここのつ・午前零時)ごろより 曇り」と記し、これでは原稿を執筆する時間もないではないか、とこちらが気をもむくらいである。
 さて、お路の二分のカネの行方やいかに。目下、読み止(さ)しで、なんとも。

(画像は「江戸の明け暮れ」新潮社版)

【 鍋島 高明(なべしま たかはる)略歴 】
■昭和11年高知県生まれ。34年早大政経卒、日本経済新聞社入社。47年商品部次長、夕刊コラム「十字路」に執筆。58年同編集委員、夕刊「鐘」、朝刊「中外時評」に執筆。日経金融新聞で『ニッポン相場師列伝』連載中

■日経産業消費研究所、日経総合販売を経て、平成9年友人5人で(株)市場経済研究所を設立、現在代表取締役。

■著書『相場師奇聞』(河出書房新社)、『相場師異聞』(同)、『今昔 お金恋しぐれ』(同)、『ヘタな経済書より名作に学べ 金と相場』(河出書房新社)、『鎧橋のほとりで』(米穀新聞社)、『市場雑観 商品記者の切抜帳』(五台山書房)、共著『フューチャーズ群像の素顔』(市場経済研究所)、『日本市場史』(日経事業出版社)ほか。

topへ

Market Economy Research Institute Ltd. 2000-2009 All rights reserved.